スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腱鞘炎&ばね指

チューブの作成を依頼している工場の
社長さんの奥さんのHさん。

工場の手伝いもなさっているせいで
両腕腱鞘炎とばね指で力が入らないと。

ばね指は酷く、右手の人差し指、中指、薬指、
とも手術後にすぐ再発、もうあきらめているようです。

両手指間巻きから。その状態でゆっくり指を動かしてもらう。
「腕の痛みが薄れて来ました。指も動かし易い。」

次は、両手指縛り。一旦はずして、ばね指の3本をもう一度。
確認。指がスムーズに動いてます。
「違和感ないですね、凄い!」

仕上げに前腕巻き&肘巻き。
「凄い、力入りますよ~。痛みもないです。」
と凄い勢いで手を握ってきました。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp
スポンサーサイト

自分で巻き巻き

今日は朝から天気が良く時間があったので、運動公園に。
ジョギングとウォーキング、合わせて1時間半。
その後、拳法の歩法のトレーニングをしていたら、
右股関節に痛みが。

右側には体重が乗せられない状態。
歩くと痛みが。

車に戻って指間巻き用ストリングで手指間巻き。
1分を2回巻いて、歩いてみる。
痛みは治まってきました。
でも少し違和感が。

足指間巻きをして靴を履き軽く動く。
2分程で違和感もなくなってました。

その後、買い物等して歩きまわってから
帰ったのですが、その間も痛みはなく
巻いたおかげで筋肉痛も取れていて快適でした。

念の為、家に帰ってから股関節巻き等を行い
ケアしておきました。

場所を選ばずすぐできるのが
この方法の良い所だと思います。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

腰痛簡単解消

腰痛のTさん(女性)。
痛みが酷いらしく、壁での伝い歩き、
すり足でやっと歩いている様子。
2週間程この状態で生活しているそうです。

手足先が氷のように冷たくかなりの冷え性だそうです。
ふくらはぎ、太股、腕等は温かく柔らかい筋肉。

伺ってみると、冷え性解消の為にジムに通っているそうですが、
手足先の冷たいのは解消されず、疲れが溜まって冷えが
酷くなってくると腰痛がでてくるそうです。

冷えを取り去れれば痛みも取れると
簡単に考え指縛りから。

まず、手指間巻き。巻いたまま1分ずつ2通りの動作をしてもらいます。
2つ目の動作の途中でもう姿勢がよくなってきました。

「腰の上の方の痛みが取れてきました。手が凄く温かい!」と、びっくりした様子。
続いて手指縛り1分で効果をアップ。

次は足指間巻き。そのままで動作を1分してもらうと、
「足先が温かいです~。」と言いながら腿上げできてます。

その後、ストリングとチューブで腰痛ポイント巻き1分ずつ。
巻いてる間に自分から歩きまわって
「もう痛み、全然ないですよ~。」と。

仕上げに足指縛り1分で終了。
「手も足も温かくて快適です。ありがとうございます。」
ここまでで10分くらいでした。

やはり冷えを取るのは重要な事ですね。
冷えたままにしておくと、
より深刻な病に進行してしまう事があります。

LTF療法の「巻くだけ~」なら
それが簡単に取り去れるので
もっと広めていきたいです。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

糖尿病2

糖尿病のTさん宅へ10日ぶり、2度目の出張施術。

前回の施術後から少し前向きになり、
自分から歩くようになり体調も良いとの事。

カイロを使う程ではないけど
まだ足指、ふくらはぎが冷たいと。

自分でやってますか?と聞くと、
「やってない。」とひと言。

毎日来られないんだから、
自分でやらないとね~と言いながら
足指縛りをしていく。

前回もそうでしたが
Tさん、施術開始直後はぶっきらぼうな様子。
施術が進んで身体が温まってくると饒舌になってきます。

身体が冷えていることでリラックスできていないんですね。

指間巻きをしながら指を動かしてあげると
指先が温かくなってきたのがわかりました。

足首巻き、ふくらはぎ巻きが終わる頃にはもう饒舌に。

奥さんも交えて昔話、食べ物の話等かなり盛り上がってます。
楽しい話をしながら施術するのも大事です。

太股巻きまで終わり、フィンでお尻を施術。
どこか気になる所ある?と聞くと、
右手が痺れるんだよ、と。

手指間巻きと手指縛りで解消。
前腕巻きをして相乗効果をあげて終了。
「なるべく自分でやるようにして下さい。」
と念を押しておく。

駅までの帰り道、奥さんに見送って頂き、
「あんなぶっきらぼうだけど、野城さんが来るのを
楽しみにしてるんで、またお願いしますね。」
と、また嬉しいお言葉を頂きました。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

「巻くだけ柔軟&巻くだけ痛み解消」セミナー

今年の頭から何度かセミナーを実施してきましたが、
まだブログには書いていなかったので
施術日記の合間に少しずつ書いていきます

また、LTF療法の技術を教えるスクールも開催しているので
その事もそのうちに書いていきます。

私初主催のセミナーは空手道場をお借りして行いました。
参加者は道場の館長さん、門下生4名、
一般参加の1名と私の患者さんの2名です。

体験して頂ければわかるだろうと説明もそこそこに、
チューブをみなさんにお渡ししてから
空手家の方々の為にとりあえず柔軟性重視の実践。

股関節巻きから自分に巻いて見せながら説明していきました。
多分始めはみなさん半信半疑の表情(超簡単な方法ですからねぇ。笑)
でしたが、グッズを解いて前倒ししてみると、
「足がいつもより開く!」「足が温かい!」等の声。

続けていろいろな方法を説明。
効果が高い事を自分の身体で体験できたのでみなさん積極的に実践。
開脚が大分楽にできるようになってきました。

門下生の方が「火曜日に組み手でハイキックを決めたい。」
といろいろな巻き方の効果を道場のサンドバッグを蹴りながら確認。
私もそれを見ながら「〇〇を巻いてからもう一度蹴ってみて」
等と何度か指示していくと腰の入った、
足先まで力の伝わるハイキックができるようになりました。

そして仕上げに私の得意なフィンで〇〇を揉みほぐすと、
格段に良くなりびっくりしていました。
それを見ていたもう一人の門下生の方にも
フィン揉みを行うとやはり蹴りがレベルアップ!。
LTF療法はいろいろな方法を組み合わせて
レベルアップができるのでとても良い方法だと思います。

1時間程経った頃から千葉からいらっしゃった
患者さんのMさんを他の参加者の質問等を聞きながら施術開始。

Mさんはヘルニアを患い、去年手術もしたらしいのですが、
回復がおもわしくなく足に力が入らないようで、よく転ぶそうです。

以前、原田先生のセミナーにも参加した事があるようで、
ヘラ棒と金棒の施術までは知っていて自分で実践しているみたいなのですが
あまり効果がないようで、原田先生に相談したところ、
先生から私を紹介されセミナーにいらっしゃいました。

「巻くだけ~」も大変効果があったみたいで痛みが和らぎ
、足に力が入るようになったようです。

私の施術を受け、自分で覚えて行くのが今日の目的だったようで
私の説明をノートにメモを取りながら施術を受けていました。

施術はフルコース、お尻から足指まで行いました。
フィンは初体験とおっしゃるので、使い方等も説明。

まずお尻、太ももをフィンで。
力が入らない方の足のお尻と太ももの筋肉が細いのがわかりました。
満遍なく揉み込みお尻が終わったら立ってもらい状態を確認。
痛みは格段に軽減し足にも力が入るようです。

次に太股を施術。終わると、立ってその場でジャンプ。安定感が増してます。

ふくらはぎは金棒で。Mさん、「やっぱり自分でやると加減してるみたいでダメですね。
野城先生がやると効き目が違います。凄く効きます。」
立ってもらって確認。足の接地感が格段にあがったようです。

家で実践するときは「巻くだけ~」を併用すれば簡単で効果アップと説明。

最後は足指をフィンとリキアップで施術。
昔のセミナーとは揉み方が違うので細かくメモを取ってました。
大分快適な身体になったようで笑顔で身体を動かし効果を体感していました。

セミナーも残り時間が少なくなり急ぎ足で指縛りを説明。
握力がアップしパンチ力がアップする手指縛り、
柔軟性がもっとあがる足指縛りを説明。
みなさん大分理解して頂いたみたいです。

セミナーの時だけじゃなく毎日実践して頂き、
いろいろな方法の組み合わせ、
またはオリジナルの方法等を工夫して
自分のライフスタイルに取り入れていってもらいたいです。

私もこれからもセミナーを続けていく予定ですが、
もっとレベルアップしてたくさんの方々に
快適な身体になってもらいたいです。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

僧帽筋

両膝痛で来ているWさんから急にお電話が。
「背中が痛いんだけど、今大丈夫?」
で、30分後に来て頂く事に。

膝が良くなったのでテニスに復活。
思うように動けたようなのですが、
テニスの後で、Wさんの入っているクラブの
事務処理を手伝っている時に傷めたと話してました。

久しぶりのテニスで頑張り過ぎたのと、
慣れない事務仕事で筋肉痛になったのかもとも話してました。

腕、肩を動かしてもらいながら、背中を触って痛い所を探す。
三角筋も痛いようですが、一番痛いのは僧帽筋下部のようです。

Wさん、仕事を抜け出して来てるので
「すぐ終わる?時間ないんだけど。」
大丈夫、あと10分もあればOK、と私。

まず私が新しく開発した指間巻き。
巻いた状態で2通りの動作を1分ずつしてもらい2分程で解く。

どうですか?と聞くと
「もう痛くないよ。凄いね~」と軽々と肩を廻してます。

まだ時間あるので、前腕巻きと肘巻きを1分程して相乗効果を。
これでもう痛くならないよ~と言って終了。

「後で巻き方、教わりにくるね~。」と仕事に戻られました。

施術時間は6分くらいでした。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

座骨神経痛~指導編~

2週間程前に施術で来て頂いたAさん。
今日は自分で行う方法を覚えにいらっしゃいました。

その後具合はどうですか?、と伺うと
「施術してもらってからは痛みも痺れも無くて快適だよ。」
と言って頂きました。

症状が出ていない時から自分でケアをしていく事が大切、
という事を説明してから一通りの手順を話して、開始。

まずは、腰痛、座骨神経痛用の巻き方を3種類指導。
それと毎朝最低限これだけやっとけば大丈夫という
スペシャル巻きを指導。すると、
「ゴルフのスウィングがスムーズになったよ。」と素振り。

効果を高める為に、足首から太股まで巻きを指導。
「下半身が安定するね~。」と、またスウィング。

上半身もやればもっと動き易くなりますよ~、
と次は肩巻き&襷掛け。

上腕巻きをして、ゴルフをするとたまに痛いという肘巻き。
「これいいねぇ~。」と、またまたスウィング。

前腕巻きをしながら腰に効かせる動作を指導。
チューブでの巻きは終了。

続いて、ストリングでの手指、足指縛りで実技終了。
「全身快適になったよ、ありがとう。」

最低限やる事の指導、短時間で効かせる
組み合わせ等を指導して終了。

チューブとストリングを購入して頂き、
感想をあとで教えてと、
最新グッズの試作品をお渡しすると、
「ゴルフがうまくなりそうだから、
定期的にメインテナンスにくるね。」
と言って頂きお帰りになりました。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

糖尿病1

今回は電車で1時間半の出張施術。
糖尿病のTさん(67歳男性)。

糖尿病を患ってから透析歴9年。ふくらはぎ、足裏の痺れ、痛み、冷えが
酷く私が伺った時はふくらはぎ前後にカイロを貼ってしのいでいる状態。
また同じ姿勢を続けているのが辛く、
15分置きに立ったり座ったりしていると話してました。

足指、ふくらはぎ等を触って状態を確認。
凄く冷たく、足指は触られている感覚がないそうです。
自分でできるやり方を覚えたいという事なのでチューブ巻きで施術開始!

左足ふくらはぎから通常より弱めに巻いて軽く足を動かしてもらい1分程。
ほどいて足を動かしてもらい状態を確認。
「なんかさっきよりマシかも」との事。
もう一度ふくらはぎ巻き。さっきと同じように行って確認。

「痺れが全然なくなったよ!膝もいつもより曲がる!」
と効果が出て来たようです。
3回目を巻き終えると肌がピンクになって温かくなってました。

もう一度足指を触ってみると少し温かく、感覚が戻ってきたみたい。
ここで、足指縛り2セット。指先も私と同じくらいの温かさ。

立ち上がってもらうと「足に力が入るようになって楽に立てるよ。」
と嬉しそうです。その後足首巻きを行いましたが、
ふくらはぎの血流が良くなっているので、
1回の巻きで足裏の痺れが取れたようです。

膝巻き太股巻き等、一通り行い右足も行って相乗効果を。
「施術している間ずっと同じ姿勢をしてるのに辛くないよ。」
とびっくりしてました。かなり改善されたようです。

急に「右手の平も痺れるんだけど治るかな?」と。
悪い所は全部言って下さいね~と言いながら前腕巻き。
1回で痺れが取れて力が入るようになったようです。

それを見ていたTさんの奥さん、「私は肩凝りと頭痛が~」
なんて言い出したので、肩巻きと襷掛けをしてあげると
1回で頭痛も肩凝りも取れて大喜びです。
その後二人に足指縛り、手指縛りを指導。
自分で実践するようにチューブとストリングを買って頂きました。

終わったらお昼ご飯をご馳走になってしまいました。

午後はTさんの近所に住んでいるおばあちゃんの足も診て欲しいとの事。
この方もふくらはぎの痺れと膝が痛いとの事。
触ってみるとふくらはぎはむくんでました。
軽くふくらはぎを手で揉んでみると腰の方まで痛みが繋がっている
みたいなので原因は腰なのでは?と思い、そちらも施術する事に。

まず足首巻き、ふくらはぎ巻き、膝巻き、太股巻き、股関節巻き、腰巻き等を行いました。
可動域はかなり広がったのですがやはり痺れが残ってるみたいです。
こういう時は組み合わせ施術で。

俯せになって頂きフィンを使ってお尻と太股を5分程施術。
立ち上がってもらうと、「痺れがなくなったよ。こんなのもできるよ~」
と屈伸運動をしてうんち座りまでできてました。むくみもかなり改善してました。

LTF療法は方法がいろいろあるので組み合わせ施術で
相乗効果をあげられて臨機応変な対処ができる療法です。

帰宅後にTさんの奥さんからメールを頂きました。
「今日は遠くまで来て頂きありがとうございました。
じっとしていることができなかったので散髪に行けなかったのですが、
お蔭様で野城先生が施術して帰った後散髪に行けました。
本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。」

凄く嬉しいメールでした。これでまた頑張れます。
しばらくは出張に来て欲しいと言われ、週一で施術する事に。
体調改善の手助けになればと思っています。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

両膝痛~指導編~

両膝痛のWさん。
私の施術を気に入って頂き、
その上チューブでの方法にも興味を
持って頂いたので、今回は巻き方を覚えに
私の療法所にいらっしゃいました。

チューブの効果がわかるように、
右脚を私が施術し、左脚に巻いていく
という方法で進めていく事にしました。

右足指から施術。その間に左足指巻き、足首巻きを2セットずつ。
ふくらはぎ、膝も施術している間に2セットずつ巻いていきます。

ここで確認。まず足指が両方とも温かい。足首がよく曲がる。
膝がよく曲がる。安定感がある。どちらも片足で立てる。
施術したのと同じくらい効果があることを理解してもらいました。

太股からお尻も片足施術しながら、分割巻き、股関節巻きを実施。
腿がよくあがる、開脚がいつもより拡がる事を実感してもらいました。

そのあと、Wさん自身に最初からやってもらい、終了。
かなり満足したようです。

セルフメインテナンスには最適な方法なのでたくさんの方々に
知ってもらい、実践して頂きたいです。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

両膝痛

知り合いの紹介でいらっしゃったWさん(女性52歳)。
身体を動かす事が大好きでテニスが特に好きらしいのですが、
両膝が痛く暫く休んでいるようです。
で、私の療法所に来る事に。

脚全体を診せて頂くと、療法のアキレス腱に縫合痕が!

伺ってみると、別々の時ですが、
運動中に両方のアキレス腱を切ってしまったそうです。

その後から足首の可動域が狭くなり、
膝も痛くなり始めたそうです。

立って膝の屈伸をしてもらいます。
壁に掴まってますが安定せずにふらつく様子。
足首もあまり曲がらないので深くは座れません。

ストレッチは毎晩行っているようで、
前屈、開脚はスムーズで柔らかいです。

施術開始。痛みの酷い右足指から。
かなり浮腫んでいる状態。
フィンとリキアップでじっくりと解します。
痛みがでてきてるようなので指を使って弱揉みで。

足首を動かしてもらうと、施術前よりも可動域が
広がってます。膝の痛みも薄らいでいるようです。

次に右ふくらはぎ。
アキレス腱まわりを金棒とリキアップで念入りに。
そこから膝下まで金棒で万遍なく解し、
膝をフィンで施術してから確認。

横になったまま膝の曲げ伸ばし。
痛みはないようです。
立ってみたいというので、立って確認。
右足だけ足裏が床に張り付いて安定感があると言ってます。

同じように左足指、ふくらはぎ、膝を施術。
立ってもらい確認。
壁に掴まらずにかなり深くしゃがめる。
それにスピードが早くなってます。

仕上げに両太股とお尻を施術。
効果を持続させるためです。

施術終了。確認。痛み無し。
腿上げすると水平より上がってます。
なにより安定感が凄いと言って
片足立ちしてます。

「またテニスできます。」と言ってお帰りになりました。
チューブとストリングでの方法にも興味があると言って
また来て頂ける事になりました。

それはまた次回に。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

プロフの写真

チューブとストリングを使った
「巻くだけ柔軟&巻くだけ痛み解消」セミナーを
主催した時の私の写真です。

指導しながら一緒に行い、
最後に効果の程を見せました。

始めてやってその日にここまで柔らかくは
なりませんが、確実に効果はあります。
毎日行えばドンドン柔らかくなりますよ。

私はチューブを使うようになるまでは
この状態になるまで毎日40分程掛かってました。
今はチューブを使い10分程で柔らかくなります。

空手家等のハイキックもスムーズになります。
たくさんの方から喜びの声を頂いてます。
パンチ力アップの方法も人気ですね。

マラソン、ジョギングのウォーミングアップ、
クールダウンにも効果的。

色々なスポーツの成績アップにも
成果を挙げています。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

腰痛&膝痛

「腰痛と膝痛、同時に治りますか?」とメールをくれたAさん(男性28歳)。
電話をかけて欲しいとメールをし、電話で状況を伺う。

重量物運搬の仕事をしていて腰を痛めてしまい、
そのままにしていたら右膝も痛めてしまったみたいです。
で、私の療法所に来てくれる事に。

今日は腰の痛みが酷いと言うのでお尻から施術。
始めはあまり硬くないと感じていましたが、
太股との境くらいが硬く張ってました。

立って確認。「動き易くなってます。」
腿上げ、前屈等してますが、スムーズです。
「膝も痛みが薄らいでますよ。」と言われ
とても嬉しそうです。

次は足指。痛みのある右から。
冷たくはないのですが、たくさんのしこりが。
指とフィンの併用でじっくり解します。

立って確認。腰はほとんど痛まない様子。
膝もかなり良い感じです。

ふくらはぎ、膝のポイントは柔らかく、
スムーズに施術できたのですが、
太股外側が硬く板みたいになってます。
腰と膝の痛みで固めて歩くように
なってたみたいです。

弱揉みから始めて、フィンを使って揉み込み
少し時間をかけて解しました。

立って確認。もうどっちも痛みはないようです。
歩きもスムーズで姿勢もよくなってます。

腰も膝もひとつの流れの中で治していけるので
こういう場合LTF療法は有効だと思います。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

五十肩

知り合いのTさん(女性)。五十肩で腕が痛くて挙がらないと連絡が。
母親の介護をなさっているので、
家を空けられないと言うので出張施術。

状況を伺って腕を挙げてみると、
掌を下向きで水平までしか挙がりません。
その状態で掌を上向きに捻ると激痛が走るようです。

また腕を後ろに回せないのでブラジャーもできないとの事。
介護で腕も疲れているようです。

足指の施術から。かなりの冷えと硬さ。
少し強めに解します。
途中で一度確認。腕を挙げてもらうと、
水平より少し挙がってます。

少し時間をかけてポイントを探りながら
解していくと見つかりました。
通常と指1本分ずれた場所にしこりが。

これを念入りに解していくと
足裏全体が温まり、指もグニャグニャです。

で、確認。腕がまっすぐ挙がり耳についてます。
後ろにも腕が回るようになりました。
足指だけで回復。

その後、本人の希望でふくらはぎからお尻までフルコース。
症状がなくなったせいか話もはずみTさんも饒舌になってます。

介護の大変な事とか、息子さんの事等、色々話してました。
愚痴を言う事でストレス発散になるので私のような
第3者に話すのは良い事です。そして終了。

身体中動かしてもらい、確認。
OKサイン頂きました。
腕の疲れも取れてるみたいです。

ご主人が挨拶したいので呼んで来るから、と待っていると
すぐ戻って来て「最近、階段脚揃えないと登り降りできなかったのが
一歩ずつ出来たよ。」と嬉しそうなお返事。
膝も不調だったようです。

LTF療法は患部だけ治すのではなく、
基本の血流改善をしていくので
抱えている不調が同時に治っていく事が
よくあります。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

群発性頭痛

知り合いのNさん(40歳女性)。
施術する予定ではなかったのですが、
顔色が悪く辛そうな表情だったので伺ってみると
頭痛が酷いと言います。

詳しくお話を聞いてみると、右側額から眼の奥、
頬の上半分くらいまでが殴られたように痛み、
頭痛が始まると2週間も痛みが続く事もあるそうです。

医師からは群発性頭痛と診断され、原因不明と言われたようです。
元々、頭痛持ちというわけでもなく、自分では健康だと思っていたらしいので
急に発症して何度も症状がでるとより不安に感じるみたいです。

また、頭痛薬が身体によくないということがわかっているNさんなのですが、
飲まないと生活にも支障があるほどの症状なので服用しているそうです。

私の今までの経験で、手指縛りでいけるな、と思いました。
それも親指一本で。

「自分も二日酔いを指縛りで治してるんですよ~」
と笑いを取りながら頭痛がする右側の親指を縛って1分程置きます。
解いてグーパーしてもらいましたが、まだ痛みがあるみたい。
でも手指はかなり温まってきてます。

そして2回目。1分。
すると、こちらが状態を伺う前に、
「痛みが薄れてきたよ。」と笑顔になっています。
顔色も良くなって頬に赤みが出てきました。

そして3回目。1分。解いた時にはもうすっかり痛みがなく、
笑顔でありがとうと言って頂きました。

指縛り用ストリングを差し上げ、方法や注意点等を説明して
自分で行うよう指導しました。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

膝痛

お仕事で毎日、自転車での長距離移動をしているAさん(女性)。
右膝痛でペダルが漕ぎにくく、立ってても踏ん張れない。
足首からふくらはぎが浮腫んでいる様子。

膝に効果がある新しい揉み方を見つけたばかりなので、
まずはその方法から試す。

5分程の施術で立って確認してもらう。
痛みは取れた様子。
でもまだ踏ん張れない。

先程の施術の維持と脚の力の回復の為、
末端の右足指から揉んでいく。
痛がりらしいので超弱揉みで。
ポイントさえ掴めていれば超弱揉みでも充分効果がある。

お尻まで揉んで立って確認。
「ああ、力が入ります。」と屈伸をしていた。

片方に痛みがあると反対の脚で庇ってしまい、
放っておくと痛みがでる事が多い。
なので左脚もフルコース施術。

やはり、太股の強張り、膝周りの強張りが。
お尻まで揉んで終了。確認。

「安定感が増しました。」
足首、ふくらはぎの浮腫みも取れて
「靴下がゆる~い!」と嬉しそう。

帰りの歩き姿も元気が出て姿勢が良くなってました。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

腰椎ヘルニア

空手家のAさん(男性50歳)。
ウェイトトレーニング等もされているので立派な身体。

一昨年くらいから腰椎ヘルニアを患って、去年手術をされたそうですが、
効果がなく今も痛みと腰から右足先まで痺れが。スクワット等のトレーニングが
できなくて脚が細くなってきてるそうです。

強揉みの施術と揉みの指導を希望。
グッズを購入して頂き、私が施術していくのをメモしながら
進めて欲しいと。

覚えて頂くには足指揉みの効果を感じてもらいたいので、まずは足指から。
揉むポイントを掴むのが一番難しい場所なので揉んであげたあとに
私の足指を揉んで覚えてもらう。

「腰の痺れが薄れてきました。」と早い反応。教える為に時間をかけて
揉んでいるので良く効いているみたいです。

ふくらはぎ揉みに移り、触ってみると右の方が硬くて冷たい。
その上左よりかなり細い。普段から右を庇うクセがついているので、
左脚重心になっているからとの事。

金棒とフィンでの揉み、右を念入りに、特にポイントを重点的に。
ここで立って確認。するといきなり、右脚立ちになり鋭い左前蹴り2回。
「脚に力が入ります。安定してるでしょ。」
と嬉しそう。

次に太股。やはり右が硬く冷たく細いです。でも、もう痺れが取れてるようで、
揉んだすぐに指導を受けてもきびきびしています。

お尻揉みと指導をして終了。左右交互に蹴りをしてもスムーズです。
朝お会いした時は猫背で元気なさそうでしたが、
今は背筋も伸びて目に力があります。

「またわからない事があったら連絡します。」と帰られました。
指導しながらだったので2時間半程かかりましたが、
Aさんに揉んで頂いたので調子良いです(笑)。
Aさん上手かも!

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

朝起きたら・・・

右肩が痛い・・・
多分、昨夜オーバーストレッチ気味だった。
あと寝相も悪かった(笑)

で、自分で治します。
手の指間巻き、巻いたまま1分程ある方法で動かす。
この段階で痛みは半減。
はずして、嫁さんと朝の肩甲骨ストレッチ。

その後、もう一度指間巻き。
1分程動かして終わり。

もうその後一度も痛みないです。
今までなら肩巻きから始まって、上腕巻き、前腕巻きと時間かかってましたが、
指間巻き開発してからは、簡単な不調はこれであっという間に解消できます。

それと施術箇所の判定にも役立ってます。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

座骨神経痛

今日は朝から出張施術。電車で1時間30分程の所で施術している時にお電話が。
座骨神経痛のAさん(60歳男性)。今日施術して欲しいとの事。
帰れる時間を予測して伝え、詳しい事は戻ってからということで。

家の前まで来るとAさんが車の中で待ってました。
家に上がってもらい、まずお話をうかがいました。

5年程座骨神経痛を患っているようで、本、インターネット等で色々調べ、
名のある整体、鍼灸を試したみたいです。
効果のあるといわれる体操や食事等も実践されているようですが
自分には効果がないと嘆いてました。

Aさんの希望で強揉みのフルコース。
まずはお尻揉み。私は腰痛や座骨神経痛の時は指からでなく、
お尻から揉む時があります。効果がすぐにでる事が多く、
患者さんが体勢を変える時でも楽な状態に持っていけるからです。

お尻が終わったところで確認。痺れが弱まっていると。
それと脚に力が入るようになったようです。

まだ太股側面からくるぶしにかけて痺れが残ってます。
次は足指。指が全体的に冷たく、硬い。グッズは使わず指だけで強揉み。
ちょっと痛い程度に加減してましたが、10分程で温もりが出てきました。

指の可動域と足首の可動域を確認。立ってもらい確認。
地面との接地感が強くなった、ゴルフのスコアがあがりそう!、とAさん。

まだまだ、もっとよくなりますよ~と、次はふくらはぎ。
やはり側面が冷たく硬い。金棒とフィンを使って揉み込みます。
温まってくると痺れが取れてきました。

次は太股です。太股の痺れもお尻と足指、ふくらはぎの血流が改善されたので
もうなくなってるみたいです。冷たいところはもうなくスムーズに解れました。

自分で行う方法まで教えたかったのですが、今日は時間がないみたいで
また来週覚えに来たいということで予約を入れて頂きました。
「何年振りかで凄く調子良いよ。」と言って頂き、お帰りになりました。

指導編はまた今度。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

ばね指

新聞の折込のアルバイトをしているSさん(女性66歳)。
左手中指がばね指で違和感と力が入らない様子。

Sさんは膝痛(また別の機会に施術内容を紹介)で私の施術を
経験しているので今回は指縛りで施術。

まずは指間巻きで掌全体を解します。
次は5本縛りで。これで末端の血流改善。
指を動かしてもらうとかなり動かし易いとの事。

仕上げに、患部である中指を含んだ3本縛りで2回。
指を動かしてもらうと引っかかりのないスムーズな動きが見ててもよくわかります。
施術時間が30分程だったので、「こんな早く治るんだ~」と喜んでおられました。

指縛り用ゴムを購入して頂き、今後も自分で続けてくれるみたいです。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

柔軟性アップ!

私の療法所のチラシを見てお電話を頂いたNさん(女性54歳)
身体中が硬く、疲れが取れず、肩凝りも酷いようです。
そして私の所に来てくれる事に。

来て早速に、どのくらい硬いのかな?と見せてもらう。
前屈で指先が膝・・・恐ろしく硬い。
腕がまっすぐあげられない(水平方向から50°くらい)・・・と予想以上の硬さ。

たくさんの整体院やマッサージ等に行ったそうですが、
やってもらった時だけですぐにまた戻ってしまうようです。
そんな時に私のチラシに興味を持ってもらったみたいです。

自分で実践する方法を覚えたいということなので、
チューブでの巻きを指導する事に。

一通りの順番と注意事項を説明して一緒に巻きながら指導します。
足首、アキレス腱巻き。ここで最初の前屈確認。
手首あたりが膝。ちょっと良くなってますね。

続けて、ふくらはぎ巻き1・2、と膝巻き。2度目の確認。
手首が脛の真ん中まできました。

太股巻きを4回にわけて行い、確認。
とうとう、足首がつかめる程に改善。
Nさん、「今日だけでこんなに柔らかくなると思わなかったよ。」だって。

「毎日やると、このくらい柔らかくなりますよ。」と、
私の180°開脚を見せました。

ここで、腕をもう一度あげてもらう。
あと10センチくらいで耳に付きそうです。
「なんで~?」と聞かれ、下半身の血流が改善されると
全身の血流が改善されるんだよ、と説明。

首と肩凝りも軽減したようです。
ダメ押しの肩巻きを行うと、腕がまっすぐあがり耳につきました。
肩凝りもとれたみたいです。

効果が持続するように、指2本だけ揉んで今回は終了。
下半身巻き用チューブを買って頂き、
自分で実践すると約束しました。

次回来所時は上半身巻きを指導する予定です。
上半身巻きまで覚えてしまえば、
ほとんどの症状に対処できるようになりますよ。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

腱鞘炎

最近は、揉んだり、グッズを使って解したりするだけではなく、チューブやゴム(自分で開発した)を使い巻いたり、縛ったりして痛みや不調を取り去るという方法も取り入れています。講習会等で指導したり、施術を行った後に患者さんに指導し、チューブ等を買って頂き自宅で実践してもらい、私が施術した効果を長く持続させる事に役立ってます。今日は、チューブ等での施術体験です。

今回施術したのは、腱鞘炎のOさん(女性50歳)スーパーのパートさんです。
いつも私が行っている店にいらっしゃる方です。ある日レジに並んで私の番が回って来たらOさんが「手が痛くて持ち上がらないんで移動して~」と私に言うので、運んだ後に私のあとにはお客さんがいなかったので「手、どうしたの?」と聞くと、腱鞘炎で痛くて持てないとの事。私の熊谷療法所のチラシと名刺を渡して「こういう仕事してるんだよ。」と説明。電話番号をお伺いして家に帰ってから詳しい事を電話で説明してとお願いして帰りました。
その後電話がすぐあり、家に来て施術して欲しいとの依頼です。近くだったので自転車で出張施術です。

ご自宅に着いて詳しく話しを聞いてみると、半年程前から重いものを持ったり手を握ったりすると両手指から腕まで激痛が走るという症状。その上、不況で人員削減で自分への負担が増え余計に酷くなったようです。
手指、腕を触って状態をチェック。腕、肩も動かしてもらい可動域をチェック。?、左肩もイマイチかな?と聞くと自動車事故でむち打ち症みたいです。足指も温かいので、直接チューブで施術していきます。まずは両前腕巻きで1分。巻いている間に腕を動かしてもらい血行促進。はずして回復具合を確認してもらうと、少し良くなったみたいと。段々に良くなっていきますよ~と言いながら両手指の指間巻き。巻いている途中ですでに「腕が軽くなってきたよ。」とさっきの効果が出始め、1分後にはずし手をグーパーしてもらうと「もう痛みないよ~すごい!」と言ってました。次はむち打ち症に効く、肩巻きをしようと思ったら、「肩ももう軽いよ。」でも、肩巻きをするともっと軽くなるよ、と言いながら1分程巻いてはずしてもらい効果を確認。「頭までスッキリした!」と喜んでました。
効果を持続させるために足指揉み、ふくらはぎ揉み、太股揉み、お尻揉みを軽く行い終了。もう全然痛みがないと言ってました。自分で行う方法を教えようとしたのですが、「自分では絶対やらんわ~、また来て~」と言われ帰宅。本当は自分でやるのが一番なのですが。
2週間後程に、またスーパーで会うと「あれから痛くなってないよ。ありがとう。」と言われ嬉しかったです。


LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

脊椎間狭窄症

今回施術したのはAさん(男性68歳)。脊椎間狭窄症で歩くのも杖なしではままならないとの事。なので、ご自宅まで出張施術しました。家が説明し難いからと歩くのも大変なのに自転車で駅まで向かえに来て頂きました。後ろから歩きでついていったのですが、ペダルの回転も一定じゃなく、フラフラ進む状態で転んじゃうよ~と冷や冷やしながらついて行きました。足首が太く浮腫んでいるのがわかりそのせいで足首の可動域が狭くなり、ペダリングにも支障がでてるみたいです。家に着き、お茶を頂きながら症状を伺ってみると膝から下の感覚がほとんどないとの事。このまま放置しておくと薬漬けになるか手術をしなくてはいけないらしいです。責任重大です。ハーフパンツに履き替えて靴下を脱いでもらってふくらはぎから足指まで診てみると、ふくらはぎはパンパンでピカピカにてかっており、足首の浮腫み、足甲の浮腫み、足指の浮腫みが酷い事になってました。
まずLTF療法の施術方法を説明、施術しながら回復具合をその度に確認していくということを説明して施術開始。
Aさんに私の足指を触ってから自分の足指を触ってもらい自分の指の硬さを自覚してもらってから左足指揉み。膝下の感覚がないということなので、通常より弱めの揉みで道具も使わず手揉みでじっくり解します。2分程揉んだところで「感覚がでてきた。」との事。良い兆しです。そのまま続けてしばらくすると、足首の可動域が広がってきました。右足と比べてもらうと、甲の浮腫みと足首の浮腫みが引いていました。壁につかまり、立って確認。床との接地感がわかり指に力が入るようになったと笑顔でおっしゃって頂きました。そこから左ふくらはぎへ。うつ伏せに寝られないようなので椅子に座ったまま施術。足指揉みで血流が改善し始めたらしく、ふくらはぎが暖かく触られている感覚があるとの事。10分程揉んで右ふくらはぎと比べてみると1まわり細くなっていて浮腫みも取れていました。その場で膝屈伸してみると、良く曲がるようになってました。まだ揉んでいない右も曲げやすいと喜んで、効果があることを理解して頂けたようで、「右もお願いします。」と言われ、続けて右足指へ。左の血流が改善されているので、右はかなり揉み易くなってました。ふくらはぎまで同じ手順で終了。立ってもらい屈伸をして頂くつもりが自ら杖無しでスタスタ歩き出し「歩ける気がしたんだよ。」と喜んでました。まだ歩き始めは軽くふらつきますが、杖は必要ないみたいです。自分で行う方法を指導し、毎日実践する事を約束してAさん宅を後にしました。
玄関から庭まで自分の脚だけで歩いて見送ってもらい、私も嬉しい気持ちで帰れました。
後日、Aさんからお電話を頂きました。薬漬けにもならず、手術もしないで済んだみたいです。現在はお住まい近くで実施されているヨガにも参加できる程回復し健康増進に励んでいるようです。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp

LTF療法とは?

身体の末端となる手足の血流を良くする事で、身体全体の血流が改善され、痛みや不調が取り去られます。
患部を施術することで痛みや不調を改善する方法はたくさんあるようですが、血流を改善していかないと再発する事が多いようです。たくさんの症例を診てきましたが、痛みや不調を訴えている方々は手足が冷たかったり、固い方が多いようです。末端の血流が改善されていくと手足先から温まり、患部の血流が改善され、痛みや不調等が取り去られます。LTF療法とは、身体の末端となるふくらはぎ、太股等の脚(LEG)、足指(TOE)、手指(FINGER)の頭文字をとってつけた名前です。血流改善することで体温の上昇や身体の柔軟性もアップしますので、スポーツマンの柔軟性、筋力アップにも効果的です。私はたくさんの方々を施術し著しい効果をあげてきました。
花粉症、冷え性、手足のしびれ、五十肩、肩凝り、腰痛、肘膝痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、股関節痛、脊椎間狭窄症、頭痛、群発性頭痛、不眠症、リウマチ、糖尿病、パーキンソン病、その他後遺症等です。
次回からは、具体的な患者さんへの施術例を書いていきたいとおもいます。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp
FC2カウンター
FC2プロフ
リンク
最新コメント
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。