スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腱鞘炎

最近は、揉んだり、グッズを使って解したりするだけではなく、チューブやゴム(自分で開発した)を使い巻いたり、縛ったりして痛みや不調を取り去るという方法も取り入れています。講習会等で指導したり、施術を行った後に患者さんに指導し、チューブ等を買って頂き自宅で実践してもらい、私が施術した効果を長く持続させる事に役立ってます。今日は、チューブ等での施術体験です。

今回施術したのは、腱鞘炎のOさん(女性50歳)スーパーのパートさんです。
いつも私が行っている店にいらっしゃる方です。ある日レジに並んで私の番が回って来たらOさんが「手が痛くて持ち上がらないんで移動して~」と私に言うので、運んだ後に私のあとにはお客さんがいなかったので「手、どうしたの?」と聞くと、腱鞘炎で痛くて持てないとの事。私の熊谷療法所のチラシと名刺を渡して「こういう仕事してるんだよ。」と説明。電話番号をお伺いして家に帰ってから詳しい事を電話で説明してとお願いして帰りました。
その後電話がすぐあり、家に来て施術して欲しいとの依頼です。近くだったので自転車で出張施術です。

ご自宅に着いて詳しく話しを聞いてみると、半年程前から重いものを持ったり手を握ったりすると両手指から腕まで激痛が走るという症状。その上、不況で人員削減で自分への負担が増え余計に酷くなったようです。
手指、腕を触って状態をチェック。腕、肩も動かしてもらい可動域をチェック。?、左肩もイマイチかな?と聞くと自動車事故でむち打ち症みたいです。足指も温かいので、直接チューブで施術していきます。まずは両前腕巻きで1分。巻いている間に腕を動かしてもらい血行促進。はずして回復具合を確認してもらうと、少し良くなったみたいと。段々に良くなっていきますよ~と言いながら両手指の指間巻き。巻いている途中ですでに「腕が軽くなってきたよ。」とさっきの効果が出始め、1分後にはずし手をグーパーしてもらうと「もう痛みないよ~すごい!」と言ってました。次はむち打ち症に効く、肩巻きをしようと思ったら、「肩ももう軽いよ。」でも、肩巻きをするともっと軽くなるよ、と言いながら1分程巻いてはずしてもらい効果を確認。「頭までスッキリした!」と喜んでました。
効果を持続させるために足指揉み、ふくらはぎ揉み、太股揉み、お尻揉みを軽く行い終了。もう全然痛みがないと言ってました。自分で行う方法を教えようとしたのですが、「自分では絶対やらんわ~、また来て~」と言われ帰宅。本当は自分でやるのが一番なのですが。
2週間後程に、またスーパーで会うと「あれから痛くなってないよ。ありがとう。」と言われ嬉しかったです。


LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp
スポンサーサイト

脊椎間狭窄症

今回施術したのはAさん(男性68歳)。脊椎間狭窄症で歩くのも杖なしではままならないとの事。なので、ご自宅まで出張施術しました。家が説明し難いからと歩くのも大変なのに自転車で駅まで向かえに来て頂きました。後ろから歩きでついていったのですが、ペダルの回転も一定じゃなく、フラフラ進む状態で転んじゃうよ~と冷や冷やしながらついて行きました。足首が太く浮腫んでいるのがわかりそのせいで足首の可動域が狭くなり、ペダリングにも支障がでてるみたいです。家に着き、お茶を頂きながら症状を伺ってみると膝から下の感覚がほとんどないとの事。このまま放置しておくと薬漬けになるか手術をしなくてはいけないらしいです。責任重大です。ハーフパンツに履き替えて靴下を脱いでもらってふくらはぎから足指まで診てみると、ふくらはぎはパンパンでピカピカにてかっており、足首の浮腫み、足甲の浮腫み、足指の浮腫みが酷い事になってました。
まずLTF療法の施術方法を説明、施術しながら回復具合をその度に確認していくということを説明して施術開始。
Aさんに私の足指を触ってから自分の足指を触ってもらい自分の指の硬さを自覚してもらってから左足指揉み。膝下の感覚がないということなので、通常より弱めの揉みで道具も使わず手揉みでじっくり解します。2分程揉んだところで「感覚がでてきた。」との事。良い兆しです。そのまま続けてしばらくすると、足首の可動域が広がってきました。右足と比べてもらうと、甲の浮腫みと足首の浮腫みが引いていました。壁につかまり、立って確認。床との接地感がわかり指に力が入るようになったと笑顔でおっしゃって頂きました。そこから左ふくらはぎへ。うつ伏せに寝られないようなので椅子に座ったまま施術。足指揉みで血流が改善し始めたらしく、ふくらはぎが暖かく触られている感覚があるとの事。10分程揉んで右ふくらはぎと比べてみると1まわり細くなっていて浮腫みも取れていました。その場で膝屈伸してみると、良く曲がるようになってました。まだ揉んでいない右も曲げやすいと喜んで、効果があることを理解して頂けたようで、「右もお願いします。」と言われ、続けて右足指へ。左の血流が改善されているので、右はかなり揉み易くなってました。ふくらはぎまで同じ手順で終了。立ってもらい屈伸をして頂くつもりが自ら杖無しでスタスタ歩き出し「歩ける気がしたんだよ。」と喜んでました。まだ歩き始めは軽くふらつきますが、杖は必要ないみたいです。自分で行う方法を指導し、毎日実践する事を約束してAさん宅を後にしました。
玄関から庭まで自分の脚だけで歩いて見送ってもらい、私も嬉しい気持ちで帰れました。
後日、Aさんからお電話を頂きました。薬漬けにもならず、手術もしないで済んだみたいです。現在はお住まい近くで実施されているヨガにも参加できる程回復し健康増進に励んでいるようです。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp
FC2カウンター
FC2プロフ
リンク
最新コメント
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。