スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群発性頭痛

知り合いのNさん(40歳女性)。
施術する予定ではなかったのですが、
顔色が悪く辛そうな表情だったので伺ってみると
頭痛が酷いと言います。

詳しくお話を聞いてみると、右側額から眼の奥、
頬の上半分くらいまでが殴られたように痛み、
頭痛が始まると2週間も痛みが続く事もあるそうです。

医師からは群発性頭痛と診断され、原因不明と言われたようです。
元々、頭痛持ちというわけでもなく、自分では健康だと思っていたらしいので
急に発症して何度も症状がでるとより不安に感じるみたいです。

また、頭痛薬が身体によくないということがわかっているNさんなのですが、
飲まないと生活にも支障があるほどの症状なので服用しているそうです。

私の今までの経験で、手指縛りでいけるな、と思いました。
それも親指一本で。

「自分も二日酔いを指縛りで治してるんですよ~」
と笑いを取りながら頭痛がする右側の親指を縛って1分程置きます。
解いてグーパーしてもらいましたが、まだ痛みがあるみたい。
でも手指はかなり温まってきてます。

そして2回目。1分。
すると、こちらが状態を伺う前に、
「痛みが薄れてきたよ。」と笑顔になっています。
顔色も良くなって頬に赤みが出てきました。

そして3回目。1分。解いた時にはもうすっかり痛みがなく、
笑顔でありがとうと言って頂きました。

指縛り用ストリングを差し上げ、方法や注意点等を説明して
自分で行うよう指導しました。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp
スポンサーサイト

膝痛

お仕事で毎日、自転車での長距離移動をしているAさん(女性)。
右膝痛でペダルが漕ぎにくく、立ってても踏ん張れない。
足首からふくらはぎが浮腫んでいる様子。

膝に効果がある新しい揉み方を見つけたばかりなので、
まずはその方法から試す。

5分程の施術で立って確認してもらう。
痛みは取れた様子。
でもまだ踏ん張れない。

先程の施術の維持と脚の力の回復の為、
末端の右足指から揉んでいく。
痛がりらしいので超弱揉みで。
ポイントさえ掴めていれば超弱揉みでも充分効果がある。

お尻まで揉んで立って確認。
「ああ、力が入ります。」と屈伸をしていた。

片方に痛みがあると反対の脚で庇ってしまい、
放っておくと痛みがでる事が多い。
なので左脚もフルコース施術。

やはり、太股の強張り、膝周りの強張りが。
お尻まで揉んで終了。確認。

「安定感が増しました。」
足首、ふくらはぎの浮腫みも取れて
「靴下がゆる~い!」と嬉しそう。

帰りの歩き姿も元気が出て姿勢が良くなってました。

LTF療法関東地区本部長
LTF療法士・LTFインストラクター
野城一浩
Tel: 090-2176-3765
E-mail:laugh-fighter.cecil@docomo.ne.jp
FC2カウンター
FC2プロフ
リンク
最新コメント
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。